空飛ぶエミ姉ちゃん

ユキマル
ユキマル

はじめましての方

Twitterからお越しの方

Instagramからお越しの方

pixivからお越しの方

閲覧頂きありがとうございます!

 

このブログについての説明と

これから出てくる愉快な登場人物たちはこちらで

紹介しておりますのでよかったらどうぞ

↓↓↓

 

 

今日お越しの読者のみなさま

はじめましてユキマルと申します!

 

当ブログは

日常の中の暇な時間

お休みの日に好きなドラマYouTube動画を見たあとの

ちょっとした空き時間に読んでクスッと笑って

楽しんで頂けるようなブログにしたいと思っております。

 

 

それでは今日のお話です!

↓↓↓

この日は子供ながらに

自然の恐ろしさ

体感しましたね(;^ω^)

 

凄くないですか?

人って風で簡単に飛ぶんですよ?

 

冗談抜きで姉は地面から完全に

足が離れてました

 

海側には腰よりも低い位置

作られた柵があったんですけど

柵の向こうは津波荒波という

落ちたら最後のコンテニューなし

地獄でしかない。

 

小柄な姉は傘の無駄な手伝いもあって

柵の高さを超えて軽々と飛ばされてました

 

あの時本当に姉の服を掴んだのは

条件反射でした。

 

幽霊とは違う恐怖

身内を失うかもしれないという

最大級の恐怖ですよ。

 

だけどパニックになりながらも

頭は妙に冷静だったんですよね(;^ω^)

 

後ろの崖向こうの荒波

落ちたときの最悪パターン

くまのプーさん

ピグレット…

姉が怪我をしてもいいから

絶対に引きずり下ろす!

という考えが頭を

グルグルと回ってました(笑)

 

姉よりも身長の高い私は

竜巻じゃない限り

体が飛ばされることはないので

救出後は姉のとなり

ひたすらに二人で冬並みの冷たい雨

当たりながら家を目指しました。

 

この経験で得たことは

豪雨の時

傘はパラシュートみたいなものです

少しでも油断すれば

傘は人を飛ばす羽となる

雨を防ぐ傘は天候によっては

死へと誘う道具と化します。

 

豪雨のときにおばあちゃんは

家でお昼寝をしていたので

もしあの豪雨のなか

おばあちゃんが万が一にでも

出かけていたらと思うと

怖い

 

出かけていたのが

私たちで良かったと思いました。

 

しかし、あれだけ怖い体験をしたにも関わらず

自分の体験を映画の場面に例えるエミ姉は

もう少し妹の恐怖苦労を理解して頂きたいですね!

 

読んで頂きありがとうございました!

なるべく早い更新を目指していますが漫画のクオリティーを下げることなく

描き続けていきたいと思ってますので三日更新を予定しております。

(多忙のため一週間更新となっております)

 

『お知らせ』

youtubeはじめました!

ブログ漫画にがついて

ちょっとだけ動きます(笑)

漫画の話数がそこまでないので

 

更新頻度は毎月『2回

投稿時間は火曜日『19時』です!

 

短い時間でささっと見れるので

視聴、チャンネル登録よろしくお願いします!

 

 

他の話も気になったという方は

ホームに戻らずにクリックすれば

『まとめページ』に飛べる

アイコンを作りましたので

よければクリックしてください!

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもあります

天然エミ姉ちゃんシリーズ

思考回路も方向音痴

幽霊も詐欺をする?

天狗の仕業?

神様の使い

24年目の告白

姉VS勧誘おばさん

帰り道は市中引き回し

素足での避難はおやめください!

北の国の食卓から…

馬鹿は姉の機嫌を治す

姉に小判!

お料理ショートコント?

 

ブログ更新youtube更新

Twitterにて報告しますので

更新が気になる方は

よければフォローしてください!

 

またお暇な時間に立ち寄って

見て行ってください!

 

 


人気ブログランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)